FC2ブログ
2019-07-14

念願の上高地日帰りドライブ

2年前から新緑の上高地へ行きたくてしかったなかったのですが、
天気が悪かったりして行くことができませんでした。
そして6月18日ようやく行くことになりました。
初め早朝出発の予定でしたが
できるだけ長く上高地に滞在したかったので
夜中に出発して早朝上高地ドライブの玄関口「あかんだな駐車場」に到着しようと計画を変更しました。
20時に店を閉め、すぐに風呂に入って出発の12時まで仮眠。
と思っていたのですが、
20時からの睡眠は無理でした。
それでも23時半まで目を閉じ続けました。
そして23時45分に家を出発しました。

上高地まで5時間でしたが、目を閉じ続けていたおかげか全く眠気はありませんでした。
6時20分に濃飛バスで大正池まで行き、ここからハイキングがスタートしました。

6月にも関わらず早朝の日の差さない森の中は非常に寒くて
冬に自転車に乗る時に使うモンベルのフラッグジャケットを持って行って正解でした。
帰る時までずっと着っぱなしでした。
4時ごろ上高地をあとにし、高山でお土産を購入して帰路に着きました。
帰りの方が眠かった・・・
スポンサーサイト
2019-05-31

カニ飼育中

家内が5月の上旬にアサリを買って来て、砂抜きをしていたらカニが出てきました。
調べると貝に寄生する大白ピンノというカニらしいです。
使っていないプラスチックの水槽に入れて飼育する事にしました。
まず海水が必要なので、人工海水のもとをコーナンで購入。
ついでに甲殻類の餌なるものも購入しました。
それから一週間ほどして再びアサリの砂抜きをしていると同種の前より小型のカニが出てきました。
前のと同じ水槽に入れると前のが今度のカニに襲いかかっているように見えたのですぐに別の容器に移しました。
でも先の方は2週間ほど、あとの方は1週間で死んでしまい、南港へ流しに行きました。
それから二日ほどして水槽を洗い終えた時、家内が又見つかったというのです。
すぐに水槽に海水を張り、砂を入れてカニを移しました。
今度のは先の2匹よりも大きめで、背中にコブラのような模様のあります。
数日するとその模様が薄くなり出し、5月29日の朝、何と脱皮していました。
本日5月31日。何とか生きています。
でも餌を食べてる様子はありません。
カニ1
カニ2

2019-04-22

ビワイチ挑戦

2019年4月16日昨年から計画していた琵琶湖一周サイクリングに出発しました。
ただ健脚の人たちのように一日二日で一周するような体力も時間もないので
自分の一日の最高走行距離40キロを5回続けて一周しようという計画です。
当日朝6時過ぎ自宅を車で出て、8時半ごろJR大津駅近くのコインパーキングに到着。
ここで自転車を組み立て、カメラを取り付けて、ビワイチ認定のためのチェックポイント大津港へ向かいました。
そして9時過ぎ大津港を出発しました。
大津は大学時代にサークルのコンパで何度も来ているなじみの地です。
もちろんその頃とは比べ物にならないぐらい垢ぬけた町になっていますが・・・
さてGPSに登録したコースをたどりながら第2チェックポイントの道の駅草津へ向かいました。
左手に琵琶湖を見ながら湖岸道路、さざなみ街道を春の晴天の中快適なサイクリングができました。
平日ですが何人ものサイクリストとすれ違いましたが、
私のようなバッグを提げての人はほとんどおらず、
颯爽と走って行く姿に羨望のまなざしを向けていました。
第2チェックポイントから第3のチェックポイントのマリオット・ホテルまではあっという間でした。
この日の目標としている地点まで到着し、正直もう少し走れそうな気はしましたが
この先のコースを登録していなかったこともあり
当初の予定通り近江八幡駅へ向かいました。
午後1時半ごろの列車で大津へ戻り、本日の予定は終了。
この足で鶴見緑地にある銭湯へ向かい午後7時過ぎ、帰宅しました。
なおこの日は黄砂が確認されました。
2019-03-27

ようやくお猿に会いに行けました


3月26日朝7時半に家を出て、昨年から行きたかった「淡路島モンキーセンター」へ行きました。
毎日ライブカメラでみて、そのかわいらしさに癒されていました。
11時ごろ現地到着で、丁度朝ごはん直後ぐらいに間に合いました。
ライブカメラで見覚えのある風景にテンションは上がりました。
実は今から30年以上前にここへ来ています。
ここが有名になったのは、奇形の子ザルが多く生まれたことが報道されたことからです。
今も2頭前足に奇形を持った猿がいますが、他の猿よりもずっと強く、たくましく生きているそうです。
また奇形であることを他の猿たちが特に気にせず、不自由な前足で毛づくろいしてもらっている姿は素晴らしいと思いました。
猿だから奇異に感じていないと思う人もいるでしょうが
それこそが忘れてはいけない姿勢ではないかと思いました。
2019-03-20

色々ある3月

現在、味覚障害で通院中です。
2月の終わりごろ、チョコレートを食べた時に全く味がしませんでした。
またコーヒーを飲んでも苦みやコクが感じられなくなりました。
どちらかと言うと紅茶のような淡白な味です。
その後、大阪城のイルミを見た帰り、デニーズでスイーツを食べて甘みを全く感じていないと確信しました。
いつか戻るかなと思いつつ日々を過ごしていましたが
全く戻る気配が無く、3月13日に耳鼻科へ行きました。
とりあえず教科書通り亜鉛量を調べるため採血し、
亜鉛を補充する胃薬が処方されなした。
19日検査結果を聞きに再診。
亜鉛量は基準範囲内だが低めという結果。
今回もとりあえず胃薬を2週間処方され、様子を見ることになりました。
甘みを感じないというのは
例えばケチャップをなめた時に、塩味と酸味だけが感じられあまりおいしくありません。
お寿司の場合、シャリの甘酢の「甘」がなく、酸っぱさのみ感じます。
今回分かったのは、美味しさは各味の絶秒のバランスで成り立っているという事でした。
また臭いと味が合わないと違和感を感じるという経験もしています。
ミカンを食べる時、香りで凄く甘そうなのにコクと酸味だけしかしないという事です。
この絶妙の美味しさを次男は「味のマリアージュ」などと言ってました。
で、その次男が3月20日に結婚しました。
色々な厄介なことに出くわすでしょうが、
それより多くの素晴らしい経験ができるのですから
二人でがんばって添い遂げてもらいたいと思います。
プロフィール

mac eich

  • Author:mac eich
  • FC2ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる