--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-11

2012年8月11日に提言するタイガース再建案

2008年の大失速以来、タイガースの低迷が続いています。
これの最大の原因は、
金本が元気なうちに若手を育て上げなかったことに尽きると思います。
さらに低迷に輪をかけたのが新井の獲得です。
新井程度の野手を獲得するなら
バルディリスを辛抱して育てればよかったのに。
新人伊藤隼太の扱いにも疑問。
鳥谷はあれほど打てなかったのに
辛抱して使い続けようやく1軍レベルに達しました。
この扱いの差は
鳥谷は争奪戦が熾烈だったのでレギュラー確約の
密約があったんじゃなかったのかと疑ってしまいます。
よく金本に対する批判を目にします。
確かにあの肩では守備の妨げになると思います。
でも一時の常勝軍団の礎になった金本は全選手の鑑になる選手です。
だから金本不要論には反対です。
金本不要論の人たちはきっとバースが今のブラゼルのようになっていたら
バースのこともボロクソに言っていたのでしょう。
要る人(金本)と要らない人(新井)は根本的に違います。
今シーズン末、大粛清があるという記事を見ましたが
マスコミの話も半分以上はウソ。
でも、新井、小林、岩田、安藤、城島は絶対に不要な戦力なので
これは粛清してほしい。
もし、浅井とか狩野とか小島とか鶴程度を解雇して粛清というなら
もはや阪神に未来はないでしょう。
DeNAみたいに一勝に歓喜する暗黒時代が10年ぐらい続いて
球団上層部が慌てだすまで辛抱強く待ちます。
スポンサーサイト
2012-08-07

遊星からの物体X FC

もう30年になるんですね。
当時大学生だった私は彼女と前売り券まで買って「遊星からの物体X」を見に行きました。
久々の衝撃でした。
彼女と一緒じゃなかったら
もう一回見たい(昔は入れ替え制じゃないので一日中同じ映画が観れました)衝撃に駆られました。
これは「ポセイドンアドベンチャー」を観た時以来の感情でした。
2年前にDVDを買い、今年になって原作本を買うぐらいこの映画が好きでした。

で、今回この映画の前物語が映画になったと知り、昨日行ってきました。
「ダイハード2」「マトリックス」以来、絶対に予告編や観たい映画の情報には触れないようにして
映画へ行くようにしている私は主演俳優が誰か知らないままの時があります。
今回はまさにそれでした。
どこかで見た女優だなと思いつつたぶんあの人だろうなぁ、絶対にそうだと思いながら
エンドロールでメアリー・エリザベス・ウィンステッドとあるのを見て「あっやっぱりだ」
ちょっと見ないうちにきれいな女性になっていました。
「ファイナル・デッド・コースター」以来、好きな女優さんの一人です。

で、映画の感想ですが前作を初めて見た時に感じた打ちのめされた衝撃はありませんでした。
でも最近のCGのおかげで造り物ぽく見えないのはよかったと思います。
また前作でアメリカ隊が訪れたノルウェー隊基地の荒れ様―それは残ったクリーチャーも含めて―を
忠実に再現しているので、なるほどそうだったのかという場面がいくつもあり、
辻褄を合わせる制作側の努力が見て取れました。
ストーリー展開は前作同様の流れで、というよりわざと同じような描き方をして
所詮、人のとる行動は同じと言いたかったのではないでしょうか。
そしてちゃんと前作につながるようなエンディングで満足でした。
DVDが出たら絶対に買います。
プロフィール

mac eich

  • Author:mac eich
  • FC2ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。