FC2ブログ
2015-04-10

忘れないうちに

明け方に見た夢の話です。
お袋が私のそばに立っていました。
別に違和感無く話しました。
「体の調子どない?」
「肝臓取ったからすごく楽になったわ」
「そらよかった」
次のシーンでは和服姿のお袋。
「これも着れるようになったわ」
「そうなんや」と私。
その時目が覚めました。
まだ早い時間だったので二度寝。
今度はお袋とうどん屋さんに来ています。
このうどん屋さんは最初にお供えの花をくれた方です。
カウンターに座り(夢では鮨屋のカウンター席みたいですが、実際にはお店はテーブル席のみです)
大将と奥さんがこちらを見ています。
奥さんが
「あら帰ってはったん?」
うなずくお袋。
「いつまで居てはるの?」
「お盆の頃までかな」と答えたお袋。
ここで目が覚めました。
写真で見たやや若いころのお袋の姿でした。
おじいちゃん(お袋のお父さん)が死んだあと
よく夢を見たとお袋が話していました。
そろそろ私も見る回数が増えるのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mac eich

  • Author:mac eich
  • FC2ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる